般若心経講‪義‬

    • 4.0 • 175 Ratings

Publisher Description

『般若心経』は『般若波羅蜜多心経』の略称で、仏教の全経典の中でも最も短いもののひとつ。さらに省略して『心経』と呼ぶ場合もある。本書は一般向けの講和としてラジオで放送された。学術的な厳密性を追及し分析するものではなく、日常生活における心のあり方と絡めて般若心経が説かれている。『心経』に込められた仏教根本思想『空』の認識を、その否定面「色即是空」と肯定面「空即是色」の二面から捉え、思想の本質を明らかにする。単なる知識としての般若心経ではないため、仏典そのものの成立や歴史背景などは簡潔にまとめられ、『般若心経』の入門書として最適な一冊となっている。著者の高神覚昇は真言宗智山派僧侶であり、仏教学者でもある。

GENRE
Fiction & Literature
RELEASED
2012
December 2
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
193
Pages
PUBLISHER
Public Domain
SELLER
Public Domain
SIZE
808.5
KB

Customer Reviews

葦鷹善庵 ,

本文の流れが 脱線しがちだだと

思いました

samoto5 ,

よく分かった

般若心経が素晴らしいお経だと分かって勉強になった

さうすぽ ,

納得

この書に出会えて感謝。

More Books by 高神覚昇

Customers Also Bought

1998
2013
2013
1960
1952
1990