• ¥550

発行者による作品情報

「なぜ僕じゃなくて…彼なんだ」

ときは18世紀のドイツ。ウェルテルは自分が住む街から感傷旅行(センチメンタルジャーニー)に飛び出した。現実社会にうまく適応できず、青春が放つエネルギーを自己の内面にしか向けられない青年の苦悩の物語。

ドイツが生んだ最大の詩人・ゲーテが、誰もが経験する若さゆえの激情を熱烈に歌いあげた不朽の青春小説を漫画化!



ゲーテ(1749~1832)

ドイツ・フランクフルト出身。詩人・小説家・劇作家。科学や哲学、政治の分野でも活躍した。特に文学においては数々の名作を残し、今なお世界中の芸術家や思想家たちに影響を与え続けている。その他の著作に『ファウスト』『色彩論』など。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2009
9月28日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
イースト・プレス
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
32.2
MB

カスタマーレビュー

syaron.

とても楽しかったです

私は「若きウェルテルの悩み」が大好きで、
色んな出版社の「若きウェルテルの悩み」を持っています。
内容もとても原作に忠実で、作画もイメージ通りで楽しかったです。
強いて言うなら、ウェルテルに拳銃を渡す場面を、もう少し原作に寄せて欲しかったです。
「ロッテの震え口ごもる唇に物狂おしい接吻をあびせた。」
私はこの場面が好きなので、入れて欲しかったと思います。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ & バラエティ・アートワークスの他のブック