英語原典で読むマーシャル:『経済学原理』の世界 英語原典で読むマーシャル:『経済学原理』の世界

英語原典で読むマーシャル:『経済学原理』の世‪界‬

    • ¥2,800
    • ¥2,800

発行者による作品情報

自己陶冶としての翻訳

英語力を養いつつ、経済学を究める「英語原典で読む」シリーズの第4弾は、かつて世界で最も読まれた経済書であるマーシャル『経済学原理』の精読に取り組む。
マーシャルが活躍した19世紀末から20世紀初頭にかけては、経済学の研究が飛躍的に前進を遂げた時期だった。その時代にあって、マーシャルは経済学の世界に帝王として君臨しており、世界の経済学研究の最先端であったケンブリッジ大学では「すべてはマーシャルにある」とまで言われた。
弟子のケインズなどは、マーシャルの『経済学原理』さえ読めば、他の経済学の本は読む必要がないとまで言っていたくらいである。これ1冊に必要なことすべてが詰まっている、というわけだ。
実際、需要曲線と供給曲線がクロスする図は、マーシャルによってつくりだされたものであり、「市場の失敗」に関連する情報の不完全性や外部性といった考え方も、マーシャルによって掘り下げられ考案された。
本書では、現代経済学の根本概念を英語原典で「いかに翻訳するか」に留意しつつ、身に着けていく。「使えるエイゴ、話せるエイゴ」ではなく、自らを陶冶するための英語精読の世界へ!

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2021年
7月28日
言語
JA
日本語
ページ数
260
ページ
発行者
白水社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
4.1
MB

伊藤宣広の他のブック

現代経済学の誕生 ケンブリッジ学派の系譜 現代経済学の誕生 ケンブリッジ学派の系譜
2006年
ケインズ 危機の時代の実践家 ケインズ 危機の時代の実践家
2023年