• ¥720

発行者による作品情報

戦国の世、群雄が割拠し、天下に覇を競う下克上の世に、数ある英雄豪傑の中でもひときわ異彩を放つ美丈夫・山中鹿之介。主家・尼子家が毛利の攻撃に敗れ去った後も、一途に主家復興を計って苦心惨憺を重ねる。その、清廉を謳われ、忠義の士とたたえられた悲運の武将の実像を描く。

ジャンル
小説/文学
発売日
1979年
2月25日
言語
JA
日本語
ページ数
468
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
854.5
KB

池波正太郎の他のブック

2015年
2008年
2016年
1999年
2000年
2000年