• ¥1,400

発行者による作品情報

コネなし、金なし、学歴なしのダメサラリーマンでも
起業1年で年商1億円。
ほぼ実話のビジネス小説、今日からできる人生逆転術!

華僑のボスに弟子入りしてようやく気づいた。
この世の中、チャンスだらけだ――

30歳のダメサラリーマン・大城太は、在日中国人から“ボス”と慕われる
大物華僑と出会う。
ボスの言葉をヒントに、太がまず取り組むことになるのは「家庭を修復すること」。
自分を治められないヤツは家庭を治められないし、
起業して一国一城を治めることも、ビジネスで天下を取ることもできない、
というのがボスの教えだった。

ボスの出す課題に取り組むうちに太は一歩一歩、
「自分の力で稼ぐ」ことを身につけてゆくのだが……。

・孔子、韓非子、孫子、老子らの遺した中国の名言が随所に登場。
中国古典からビジネスの重要なヒントが学べる。
・各項の終わりに〈ボスの教え〉というまとめを用意。ポイントがひと目でわかる。

●チャンスをつかむのはヒマな人間
●家を治められないヤツが成功するわけない
●お金持ちになるお金の使い方をせよ
●100人との名刺交換より人脈豊富な3人とつながれ
●すごいヤツほど頭を下げる
●己の持ってるものを人に利用させよ
●自分の名前ではなく会社の名前を売り込め
●200円のリンゴを6個6000円で売る方法
●成功すれば過去は変えられる
●事業は1人で興すな
●何も考えてなさそうな上司が人を育てる
●自分に使う金は徹底的にケチれ
●リスクは取れば取るほど幸せになれる

ジャンル
小説/文学
発売日
2019
11月6日
言語
JA
日本語
ページ数
143
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1.8
MB

大城太の他のブック