• ¥300

発行者による作品情報

華凛都物語、ついに完結!


奈良市奈良町、古めかしくも情緒あふれる町並みの中に江戸時代から続く一軒の古い旅館があった。決して派手でもなく大きくはないが、風情に満ちた木造のつくりに端正な庭を携え、訪れる人に安らぎを与えるくつろぎの宿ーーそれが、奈良町の大和まほろば旅館だ。

そしてこの旅館には美人三姉妹がいる。

十代目若女将を務める長女の大和華(やまとはな)、春日大社で巫女として働いている次女の大和凛(やまとりん)、奈良女子大に通う三女の大和都(やまとみやこ)。

華はいつも、手作りのかりんとうをお茶菓子として宿泊客に振舞ったり、妹たちに持たせたりしている。素朴ながらも香ばしく、ほっとするようなその味は、まるで奈良そのもののようだった。


華のもとにキャビンアテンダント時代の同輩から久しぶりに連絡が入り、華と話したいからまほろば旅館に泊まりに来るという。居酒屋でお酒を交わし、久しぶりに話をする二人。だが同輩が帰った後、なぜか華の様子がおかしい。元気がない、と感じた三女の都は「華姉は有給休暇を取ってもらう。若女将の仕事は私がするから!」と宣言するのだが……。


【著者プロフィール】

わかつきひかる

2001年にフランス書院ナポレオン大賞受賞して、頭角を現し、主にライトノベルの分野で執筆活動を続ける。07年に幻冬舎アウトロー大賞特別賞受賞、11年に宝島日本官能文庫大賞、岩井志麻子賞を受賞する。14年、「ニートな彼とキュートな彼女」が「世にも奇妙な物語2014年春の特別編」に採用される。近著に「おいらん同心捕物控」「クリスティナ戦記奉仕の姫騎士と国境の商人」「あきんど姫様」など多数。

ジャンル
小説/文学
発売日
2019
2月12日
言語
JA
日本語
ページ数
14
ページ
発行者
ゴマブックス株式会社
販売元
Goma-Books Co., Ltd.
サイズ
1.2
MB

わかつきひかるの他のブック

このシリーズの他のブック