萬葉集釋注一<巻第一><巻第二‪>‬

    • ¥8,400
    • ¥8,400

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【FIX型電子書籍・永久保存版】『万葉集』は、5世紀初頭から8世紀中葉まで、およそ350年にわたる4500余首の歌を収める。本書第一巻は、白鳳期(629~710年)、いわゆる万葉第一・二期の中核的古撰集である巻一と巻二とを収める。宮廷の儀礼・行幸などにまつわる「雑歌」(巻一)と、万葉びとの愛と死を奏でる「相聞」「挽歌」(巻二)とは、『万葉集』の基本的な三大部立で、以下の巻の規範となった。額田王、柿本人麻呂たちの作品が天皇の代ごとに配列され、躍動的な白鳳歴史絵巻を繰り広げる。

ジャンル
小説/文学
発売日
1995年
11月22日
言語
JA
日本語
ページ数
532
ページ
発行者
集英社/集英社単行本
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
59.5
MB

伊藤博の他のブック

2009年
2005年
2009年
2009年
2009年
2019年

このシリーズの他のブック

1996年
1996年
1996年
1996年
1997年
1997年