萬葉集釋注二(集英社文庫版‪)‬

    • ¥950
    • ¥950

発行者による作品情報

戦後の万葉研究の第一人者による、初めての個人全注釈の文庫版。隣接諸学との多様な交流の成果も踏まえた、現代万葉学の集大成。一群の詩の背景、状況をいきいきと語る歌群ごとの釈注。新鮮な感動を呼び起こす充実した内容。『万葉集』は、5世紀初頭から8世紀中葉まで、およそ350年にわたる4500余首の歌を収める。白鳳期の歌(第一・二期)を前半に、奈良朝の歌(第三・四期)を後半に配列した「古今構造」の歌巻である巻三と巻四とを収録。三大部立の他に大伴家持の創案によると思われる「譬喩歌」の部立が新たに加わる。奈良朝初期の宮廷歌人、山部赤人・高市黒人たちが活躍し、旅人・家持・坂上郎女ら大伴一族の作品も初登場する。「相聞」歌集巻四には、天平の若き貴公子大伴家持をめぐる女性たちの恋歌が多いのも特色。【文庫版:リフロー型】

ジャンル
小説/文学
発売日
2005年
9月21日
言語
JA
日本語
ページ数
680
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
3.5
MB

伊藤博の他のブック

2009年
2005年
2005年
2009年
2009年
2009年

このシリーズの他のブック

2005年
2005年
2005年
2005年
2005年
2005年