発行者による作品情報

明治から昭和時代の日本の小説家である田山花袋の小説。神戸仕込みのハイカラな女学生・横山芳子を内弟子にした妻子ある三十代の小説家・竹中時雄。『蒲団』は、日本文学史上に残る自然主義文学の代表作。

ジャンル
小説/文学
発売日
1956
3月16日
言語
JA
日本語
ページ数
84
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
78.3
KB

カスタマーレビュー

やなこなはさ

たやわあ金谷なな

さゎか^_^あなるやたや わから あか^ ^たやにかわやかな我が家なあ? がやあ仲がいらやまあよに

田山花袋の他のブック