• ¥330

発行者による作品情報

第4巻
竹蔵の戦死の報を受け、失意の龍太郎は単身パリへの渡航を決意する。
黒田精輝の援助によって、アメリカからパリへ向かう予定であったが、アメリカで待ち受けていたのは人種の壁と貧困であった。
そして、ある少年と出会う。少年の名はアル・カポネであった。
一方、ロシアの捕虜から解放されパリに向かっていた竹蔵だったが、シベリアで猛吹雪の中、遭難してしまう。
竹蔵一行の運命は…?
龍太郎はパリへたどり着けるのだろうか?

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2017
5月24日
言語
JA
日本語
ページ数
215
ページ
発行者
電書バト
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
137.5
MB

石川サブロウの他のブック

このシリーズの他のブック