• ¥470

発行者による作品情報

彬が言った通り、自分が人の生気を食べる鬼・“蒼龍”であることを認めた蒼子。それでも、彼女は自分が人間であることを確かめようと以前住んでいた街へ。しかし、知り合いのはずの友達は蒼子のことを別人だと言う。写真を見せてもらうと、そこには全く別の顔をした蒼子が。呆然とする彼女に、一緒についてきた彬は「本物の蒼子を食べて入れ替わった」と言う。そこへ彬の伯父が部下を連れて現れた。容赦なく襲いかかってくる彼らを前にして、蒼子は“蒼龍”に変身。自分が何者なのかがわかるまでは死ねないと必死に逃げる。苦しむ蒼子を目にしてためらいつつも、彬は彼女を追う。だが、彼女の胸に弾丸が命中してしまい…!?●収録作品蒼の封印

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1992
7月24日
言語
JA
日本語
ページ数
187
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
38.9
MB

篠原千絵の他のブック

このシリーズの他のブック