• ¥610

発行者による作品情報

西の長岡の都では、物の怪が跳梁し、皇太子が病んでいた。「東から勾玉を持つ天女が来て、滅びゆく都を救ってくれる」病んだ兄の夢語りに胸を痛める十五歳の皇女苑上。兄と弟を守るため、「都に近づくさらなる災厄」に立ち向かおうとした苑上が出会ったのは……? 神代から伝わる〈輝〉と〈闇〉の力の最後の出会いとその輝きを、きらびやかに描きだす、「勾玉三部作」のフィナーレを飾る一冊!

ジャンル
SF/ファンタジー
発売日
2010
8月15日
言語
JA
日本語
ページ数
384
ページ
発行者
徳間書店
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
2
MB

荻原規子の他のブック

このシリーズの他のブック