• ¥590

発行者による作品情報

戦争の本質を直視し、曇りなき冷徹さで描かれた傑作!

大戦末期、関東軍による細菌兵器開発の陰に匿された、戦慄すべき事実とその開発者の人間像を描き、戦争の本質に迫った異色長篇小説。

ジャンル
歴史
発売日
2015
4月10日
言語
JA
日本語
ページ数
256
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
497.4
KB

カスタマーレビュー

lame602

秀逸

戦争の切なさと残酷さ、闇と光を深考させられる作品。
日本人の優秀な頭脳の矛先を変えれば天使にも悪魔にもなれるという作品。

吉村昭の他のブック