発行者による作品情報

『蜜柑』は、明治時代の日本の小説家芥川龍之介。本名同じ、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。この作品は底本の「「現代日本文學全集 第三〇篇 芥川龍之介集」改造社」では「日本の小説」としてまとめられている。初出は「新潮」1919(大正8)年5月1日。

ジャンル
小説/文学
発売日
1923年
5月2日
言語
JA
日本語
ページ数
12
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
14.5
KB

カスタマーレビュー

たかりんご

やはり名作は良いね。

短い文章ながら心が洗われます。

芥川龍之介の他のブック