• ¥750

発行者による作品情報

近年その覇者が音楽界の寵児となる芳ヶ江国際ピアノコンクール。自宅に楽器を持たない少年・風間塵16歳。かつて天才少女としてデビューしながら突然の母の死以来、弾けなくなった栄伝亜夜20歳。楽器店勤務のサラリーマン・高島明石28歳。完璧な技術と音楽性の優勝候補マサル19歳。天才たちによる、競争という名の自らとの闘い。その火蓋が切られた。

ジャンル
小説/文学
発売日
2019
4月10日
言語
JA
日本語
ページ数
286
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
4.6
MB

カスタマーレビュー

taakswg

舞台は整った。

イロモノたち風間塵、栄伝亜夜、高島明石の
活躍に期待。

上巻では
それぞれの生い立ちと音楽・演奏を交えながら、
各コンテスタントが登場してくる。

音楽を、言葉で表すことすら無粋で
語れば語るほどに、安っぽく感じられそうなものの、

その言葉を文字を、巧みに駆使し、今まさに目の前にホールに響き渡る演奏と、気迫、緊張感。
観客・審査員の息遣いすら感じられそうな表現力にグッと引き込まれました。

just fit

ちょっと難しい

コンテスタントの複雑な気持ちは、
難しいですね。

神神エンマ

神ってる

これは見なくちゃ損だわw
何度読んでも、不思議なことにだんだんと音楽の世界に入っていく…
さて…もう一回読むか

恩田陸の他のブック

このシリーズの他のブック