• ¥2,400

発行者による作品情報

情報技術の発展にともない、ハードウェア、ソフトウェア、そしてインターネットはますます融け合い、それによって新しい世界の姿が現れつつあります。こうした世界においては、これまでのものづくりとは違う、設計のための新たな発想とロジックが必要です。

本書は、インターフェイス/インタラクションデザイン研究における気鋭の若手研究者、渡邊恵太氏の初の著書です。これからのものづくりのための最重要キーワード「自己帰属感」を軸に、情報を中心とした設計の発想手法を解き明かします。デザイナーやエンジニア、そしてUXやIoTの本質を掴みたい人に、是非読んでいただきたい一冊です。

ジャンル
職業/技術
発売日
2015
January 21
言語
JA
日本語
ページ数
186
ページ
発行者
ビー・エヌ・エヌ
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
3.4
MB

渡邊恵太の他のブック