• ¥660

発行者による作品情報

2014年3月27日、静岡地裁は「証拠は捏造された疑いがある」として袴田事件の再審開始を決定した。事件当時、30歳だった熊本典道は主任裁判官として関わるが、「こんな証拠で死刑にするなんて無茶だ」と異を唱えた、たった一人の裁判官だった。罪の意識に苦しんだ熊本は、裁判官を辞め、酒で体を壊し、離婚も重ね、自殺も試みる。冤罪の過程を克明に説明しながら、46年間も苦しみ続けた人間の姿に迫るノンフィクション!

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2014
6月6日
言語
JA
日本語
ページ数
328
ページ
発行者
朝日新聞出版
販売元
Asahi Shimbun Publications Inc.
サイズ
19.3
MB