• ¥730

発行者による作品情報

京都で出生の秘密を知った夕月は、天白から真実を知るため東京に戻った。一方、上野の事件を追っていた黒刀・千紫郎は、「魔導書」を持っているという少年に接触し―――。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2016
August 26
言語
JA
日本語
ページ数
180
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
70.3
MB

カスタマーレビュー

りんごんべりぃ

ずっと待ってました

もう続き出ないんだと諦めてたので、めちゃくちゃ嬉しいです!!後書き読むと、バス途中乗車のお客さん数によって最終回までの話数と内容が決まるそうですが、小田切先生が病気休載される前の、当初の予定どおりでお話進めて、先生も読者も納得できるラストであって欲しいので、たくさんの方に読んでいただきたいです。

小田切ほたるの他のブック