発行者による作品情報

『西洋の丁稚』は、江戸から明治への転換期にあって、伝統的な話芸に新たな可能性を開いた落語家、三遊亭円朝。本名は出淵次郎吉(いずぶちじろきち)。この作品は底本の「「明治の文学 第3巻 三遊亭円朝」筑摩書房」では「文芸・小説」としてまとめられている。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2005
8月26日
言語
JA
日本語
ページ数
5
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
9.4
KB

三遊亭円朝の他のブック