• ¥850

発行者による作品情報

天正12年、小牧山城を攻撃しようとする秀吉の前に、本多忠勝が出陣してくる。秀吉は家康の目論見を見抜き、兵を長久手へ進め、徳川家康を撃退、続けて入る家康死亡の報。だが、意気揚々と三河へ進軍する秀吉の前に、前代未聞の罠が待ち受けていた。

ジャンル
小説/文学
発売日
2006
7月28日
言語
JA
日本語
ページ数
203
ページ
発行者
学研プラス
販売元
BOOK BEYOND Co., Ltd.
サイズ
3.2
MB

仲路さとるの他のブック