見出される時 見出される時

見出される‪時‬

    • ¥500
    • ¥500

発行者による作品情報

「生きていくということは、じぶんの失われた時への追憶であり、見出された時の確認であるのかもしれない」生命の完全燃焼と魂の全き自由を常にもとめて生き続けた著者が、徳島での幼い日から中尊寺で得度するまでの「時」を振り返り、結婚、文学、放浪、仏縁、幸福などについて語り半生の足跡を綴る自伝的エッセイ。

ジャンル
小説/文学
発売日
1981年
6月20日
言語
JA
日本語
ページ数
296
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
814
KB

瀬戸内晴美の他のブック

わが性と生 わが性と生
1994年
女たち 女たち
1982年
妬心 妬心
1982年
終りの旅 終りの旅
1979年
おだやかな部屋 おだやかな部屋
1977年
田村俊子 田村俊子
1993年