親の介護をしないとダメですか‪?‬

    • 5.0 • 2件の評価
    • ¥1,500
    • ¥1,500

発行者による作品情報

『週刊新潮』の「TVふうーん録」コラムニストで
フジテレビ「Live News it !」コメンテーターの
吉田 潮さんが多くの中高年が直面する「親の介護」問題。
自分の父が「認知症」となった体験をもとに、本音で書き下ろしました。
親を愛すればこそ「介護疲れ」につながる矛盾と真摯に向き合い、
著者は、一つの「答え」を導き出しました。

2018年の春、認知症の父を特養老人ホームに入れました。
ものすごくラッキーで、ものすごく速攻でした。
でもそこに至るまでの数年間、苦しんだのは老々介護の母でした。
「母を救いたい」と思ったのが、ホーム入居のきっかけでもありました。
私は在宅介護をしません。一切いたしません。
介護される父の姿をみて、母の姿をみて、心に決めていました。
実は、ホームヘルパー2級の資格も持っています。
十数年前に興味本位でとりました。 でも、これを生業にしようとは思いませんでしたし、今も思っていません。
やはり介護はプロに任せた方がいい。
老人ホームの問題は多々あるようですが、まだ入り口に立ったばかりなので、
実情はわかりません。そこはこれから長い付き合いになっていくのだろうな、と
思っています。
妻や子供が介護をするのが親孝行ってもんだろう、と言われても、私は違うと思います。
家族の介護には限界がある。
儒教の国の日本では、介護に関して、「罪悪感」が大きい。
介護と親孝行--いかにしてその罪悪感を減らすか、なくすかが課題だと思うのです。

親孝行か自己犠牲か、理想と現実の葛藤のドラマ。
老いた両親を持つ子供として介護とどう向き合い、どう取り組むべきなのか。
「優しさ」が「苦しさ」に変わる機微を捉えた本書が無理をせずに、
持続性ある介護のあるべき姿のヒントになると思います。
当代随一の本音コラムニストが、家族との関わり方について
独特の感性で認知症の父、母、姉と自分の家族のドラマを
笑いあり、涙あり、時に愛や憎しみもある実例として描きました。

ジャンル
小説/文学
発売日
2019年
9月11日
言語
JA
日本語
ページ数
256
ページ
発行者
ベストセラーズ
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
13.1
MB

カスタマーレビュー

山砂糖

親の介護に悩んでいる方に勧めたい

30歳です。東京で働いていましたが、親が倒れ介護のため田舎の実家に駆り出されました。「子が親の生活の面倒を見るのは当たり前」「家にいてもらって、家族でお世話する方がお互いに幸せ」「施設に預けるなんて可哀想、良くない」といった周りの価値観に振り回され、自分の人生が閉ざされていくような思いをしているときにこの本と出会いました。同じような悩みを持っている方には、ぜひ読んでみて欲しいと思います。自分の状況や残された選択肢を客観的に見る助けになると思います。

吉田潮の他のブック

2014年
2017年
2010年
2014年
2014年
2014年

カスタマーはこんな商品も購入

2015年
2018年
2018年