親を送る 親を送る

親を送‪る‬

    • ¥1,500
    • ¥1,500

発行者による作品情報

親を送った人、これから送る人、皆に届けたい半年間の物語。79才と84才の両親を相次いで亡くした著者が描く、看取りの苦しさ、悲しみ、そして本当の意味で親を送るまで――。取材困難な場所に踏み込み話題になった『さいごの色街 飛田』『葬送の仕事師たち』の著者が書き綴った、セルフ・ドキュメント。愛する人を失った人の胸に響く、《いい年の大人の、親との別れ》。『佐賀のがばいばあちゃん』シリーズ・島田洋七さん推薦! 「別れたくなくても、その日は絶対来る」。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2015年
9月30日
言語
JA
日本語
ページ数
288
ページ
発行者
集英社/集英社インターナショナル
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
1.1
MB

井上理津子の他のブック

葬送の仕事師たち(新潮文庫) 葬送の仕事師たち(新潮文庫)
2018年
さいごの色街 飛田 さいごの色街 飛田
2011年
遊廓の産院から 遊廓の産院から
2013年
親を送る その日は必ずやってくる 親を送る その日は必ずやってくる
2018年
師弟百景 “技”をつないでいく職人という生き方 師弟百景 “技”をつないでいく職人という生き方
2023年
大阪 下町酒場列伝 大阪 下町酒場列伝
2004年