許されざる者 上 許されざる者 上
許されざる者

許されざる者 ‪上‬

    • ¥850
    • ¥850

発行者による作品情報

【第51回毎日芸術賞受賞作】紀伊半島は熊野川の河口に位置する街、森宮。医者の槇隆光は貧しい者から治療費を取らないことから親しみを込めて“毒取ル先生”と呼ばれていた。ときは1903年、豊かな自然のなかで暮らす槇たちの周りには鉄道敷設や遊郭設置などの問題が起こり、一方で日露戦争開戦の足音がすぐそこに迫っていた――。歴史上の人物に材を取り、当時の情勢と熊野の人々を瑞々しく描いた第51回毎日芸術賞受賞作。

ジャンル
小説/文学
発売日
2012年
8月26日
言語
JA
日本語
ページ数
552
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
1.4
MB

辻原登の他のブック

東京大学で世界文学を学ぶ 東京大学で世界文学を学ぶ
2013年
韃靼の馬 上 韃靼の馬 上
2014年
韃靼の馬 下 韃靼の馬 下
2014年
寂しい丘で狩りをする 寂しい丘で狩りをする
2016年
不意撃ち 不意撃ち
2018年
許されざる者 下 許されざる者 下
2012年

このシリーズの他のブック