詩集 冬の詩〜前編‪〜‬

    • 5.0 • 2件の評価

発行者による作品情報

寒くて温かい冬の空に向かって手を広げる。

胸いっぱいにキンとした空気を吸い込む。

心が浄化されていく、、。

瑞々しい気持ちとどこか切ない気持ち、、。

そんな言葉では言い表せない気持ちを、詩集に乗せて綴ってみました。

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
2月5日
言語
JA
日本語
ページ数
101
ページ
発行者
ありべ冬萠
販売元
Aribe Tomo
サイズ
11.6
MB

カスタマーレビュー

Nostalgicsea2016

素敵な冬の世界

冬の清々しい空気と眩しいほどの白い世界観を感じながら読みました。
時には激しく、時には暖かい詩情感。
後編がとても楽しみな作品です。

PNAO0125

冬の星空のような爽やかな詩集

綺麗な旋律を彷彿とさせる美しい調べ。

センテンスの1つ1つが
奏でる音楽のように…

時には壮大に、時には艶やかに
凛と響き渡ります。

燦爛として空高く心に残る作品集。

カスタマーはこんな商品も購入

2013年
2015年
2015年
2012年
2016年
2015年