• ¥500

発行者による作品情報

【語注付】時は平安時代。高名だが傲慢な絵師の良秀は、貴族の大殿様に頼まれた地獄の絵が描けずに苦しんでいた。凄烈な劫火に灼かれ、悶え苦しむ美しい女――。それを自分の眼で実際に見たいと良秀は望む。そこで大殿様は、残酷な方法を思いつき……。芸術のために全てを犠牲にするエゴイズムを凄絶に描いた表題作のほか、「羅生門」、「蜘蛛の糸」、「鼻」、「藪の中」など著者の代表作を収録。

ジャンル
小説/文学
発売日
1991
3月25日
言語
JA
日本語
ページ数
268
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
802.1
KB

芥川龍之介の他のブック