読書画‪録‬

    • ¥770
    • ¥770

発行者による作品情報

エッセイとスケッチで綴る36の小説の娯しみ。樋口一葉『たけくらべ』から幸田文『おとうと』まで、なつかしい日本の心の情景。読んで歩いて描く大好きな小説36景――檸檬を一顆、美術書を積みあげた上にそっと置いてきた梶井基次郎のあとをたどって描く、京都河原町・丸善の面影。樋口一葉「たけくらべ」の吉原大門あたりから、幸田文「おとうと」の向島まで、こよなく読書を愛しむ画家が描く小説の舞台。懐かしい日本の36の風景を、スケッチとエッセイで織りなす珠玉の画文集。

ジャンル
小説/文学
発売日
1995年
4月28日
言語
JA
日本語
ページ数
190
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
57
MB

安野光雅の他のブック

2006年
2005年
1990年
2016年
2015年
2015年