• ¥770

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

最新にして受験に役立つ!
今こそ「学びたい」「伝えたい」私たちの国の歴史

◎講談社の学習まんが、ここがすごい!

1 受験には情報量!「受験対応力がすごい!」
〇「カリスマ講師」スタディサプリの伊藤賀一先生、絶賛!
2 最新の研究を反映!「監修者がすごい!」
3 面白いから読みたくなる!「漫画家がすごい!」

講談社 学習まんが 日本の歴史 第5巻(全20巻)

監修者:遠藤 慶太(皇學館大学文学部教授)
漫画家:池沢 理美 代表作:『グルグルぽんちゃん』『はっちゃん、またね』

「雅なる文学の華ひらく」。
宮中では、清少納言『枕草子』や紫式部『源氏物語』などの文学作品が生まれる。

<収録内容>
第25話 「和歌と仮名文学」
「古今和歌集」の撰者の紀貫之は、土佐からの帰り、仮名文字で日記を書く。

第26話 「承平・天慶の乱」
関東と瀬戸内で、武士団が朝廷に反旗をひるがえし、反乱をおこす。

第27話 「枕草子」
宮中に仕える清少納言は、四季の自然や宮中を観察した随筆を執筆する。

第28話 「源氏物語」
中宮・彰子の教育係となった紫式部は、周囲の求めに応じ、物語を書く。

第29話 「摂関政治」
幼い天皇を補佐する摂政、成長後に支える関白などの要職を藤原氏が独占する。

第30話 「院政と武士の台頭」
成長した武士団どうしの争いが、前九年の役・後三年の役へとひろがっていく。

<監修者のことば>
平安時代と聞いて連想するのは、
遣唐使が停止されたことで日本独自の文化がはぐくまれ、仮名文字が生まれ、
女性による文学が盛んになった「国風文化」ではないでしょうか。
しかし近年はそのとらえかたが変化してきました。
朝廷のオフィシャルな場面では漢語漢文の知識が求められます。
藤原道長にしても熱心に漢籍を集めました。
和・漢いずれかひとつを選ぶのではなく、朝廷の要望に応じた外来文化の選択、
それが平安時代の特徴です。それを『源氏物語』では「やまとだましい」
(漢学の知識を日本の実情にあわせて応用する才覚)と表現しているのです。
絵巻などでも残された宮廷の世界へ、
読者のみなさんとともに分け入ってみたいと思います。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

ジャンル
職業/技術
発売日
2020
7月3日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
158.6
MB

池沢理美, 遠藤慶太 & 講談社の他のブック

このシリーズの他のブック