• ¥660

発行者による作品情報

時は天保、ところはお江戸。闇にそびえる巨大な石碑の傍らに正体不明の男が素っ裸で倒れていた。通りかかった美女・お絹が、自分の長屋に連れ帰る。お絹は男に一目惚れ、せっせと面倒を見はじめる。名無しじゃあ困る、ということでつけた名前が碑夜十郎。お絹も正体が定かではないが、なぜか河内山宗俊率いる天保の六歌撰の面々と繋がっていた。悪を憎む男と、世の中に不満を抱く面々が動きはじめる。著者の代表的時代小説。

ジャンル
小説/文学
発売日
1998年
8月25日
言語
JA
日本語
ページ数
480
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
1
MB

半村良の他のブック

このシリーズの他のブック