発行者による作品情報

「貨幣」は明治から昭和時代にかけて活躍した日本の小説家である太宰治の作品。この作品は底本の「女生徒」では「小説・物語」として収録されている。この物語は百円札の紙幣を女性に見立て、その紙幣が戦前から戦後にたどっていく時代状況に関して書かれている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1950
2月2日
言語
JA
日本語
ページ数
10
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
12.4
KB

カスタマーレビュー

澪@タコス

やはり

太宰の中で一番こころが穏やかになる作品だと思う

太宰治の他のブック