• ¥630

発行者による作品情報

小さな村で、調薬師として働くティアナ。捨て子だったため、素性も、胸にある痣の理由もわからない。育ての母と仲睦まじく暮らしていたが、ある日、母が重い病に倒れる。途方にくれるティアナだが、妖精たちの助言をもとに、森に住むマリアン王子に助けを求めることに。風変りな様子の王子(しかし絶世の美少年)は、助ける条件として、初対面のティアナに「結婚」を迫ってきて…? なぜ!? 【目次】賢女が欺かれる童話 柘榴の賢女の処方箋/天使が奪い合う童話

ジャンル
小説/文学
発売日
2018
4月10日
言語
JA
日本語
ページ数
240
ページ
発行者
集英社/集英社コバルト文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
4.1
MB

長尾彩子 & 宵マチの他のブック

このシリーズの他のブック