• ¥510

発行者による作品情報

宿敵とも言える天才演劇家・榛原憂月(はいばらゆうげつ)の芝居の舞台に立たせないために、自室にケイを監禁し、最後の最後に彼を解放した響生(ひびき)。ケイは捨て身の演技で賞を受賞する。ケイを榛原から遠ざけつつ、響生は彼を自分の“魂の体現者(アンゲロス)”にすることを願う。だが、受賞を機に演劇界の注目を引き始めたケイのもとに、大きな一歩となり得る誘いが舞い込んだ。それは、有名演出家による準主役の話だったが…。

ジャンル
小説/文学
発売日
1999
11月7日
言語
JA
日本語
ページ数
288
ページ
発行者
集英社/集英社コバルト文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
4.3
MB

桑原水菜 & 藤井咲耶の他のブック

このシリーズの他のブック