• ¥880

発行者による作品情報

20年前、東京都練馬区で起きた放火殺人事件の現場から姿を消した謎の女、鮎子(あゆこ)。定年間近の刑事・片倉康孝(かたくらやすたか)は、女の足取りを辿るため、秘境のローカル線「只見(ただみ)線」に乗った。旅先の魚沼(うおぬま)で、40年前にも鮎子という女が火事で死んでいたことを突き止める。時空を超えて重なる「火事」と「鮎子」――二つの事件は、繋がっているのか。迷宮入り事件の真相を追う、傑作警察小説。

ジャンル
小説/文学
発売日
2019年
12月20日
言語
JA
日本語
ページ数
282
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
816.1
KB

柴田哲孝の他のブック

このシリーズの他のブック