• ¥670

発行者による作品情報

十年前に逝った妻子への贖罪の想いを抱え、日高は日雇い労働者としてひっそり生きていた。しかし、元医師である彼は、気持ちとは裏腹に、老女の院内感染、母親による幼児虐待という、ふたつの「死」の疑惑を追うことになり、人生が動き始める——。ベストセラー『償い』の“ホームレス探偵”が、哀しき人々を取り巻く謎に迫る、感涙のミステリ。

ジャンル
小説/文学
発売日
2012年
9月28日
言語
JA
日本語
ページ数
268
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1.9
MB

矢口敦子の他のブック

2003年
2014年
2020年
2019年
2016年
2015年