起業のすすめ さよなら、サラリーマン 起業のすすめ さよなら、サラリーマン

起業のすすめ さよなら、サラリーマ‪ン‬

    • 4.4 • 7件の評価
    • ¥1,500
    • ¥1,500

発行者による作品情報

「起業の民主化のバイブルだ!」

──冨山和彦氏(IGPIグループ会長)推薦。


NewsPicks創刊編集長の著者が提案する、

「夢」も「お金」もあきらめない、会社に縛られない新しい生き方。

「サラリーマン教の呪い」を断ち、今こそ起業しよう!


起業の醍醐味とは、「自分の人生の”独裁者”になれること」。

本書は、初めの起業にあたり、私自身が悩んだこと、知りたかったことを、

100人以上の起業家やプロフェッショナルへ徹底取材し、

絶対に成功する秘訣を詰め込んだ『起業の教科書』の決定版です。


〈目次〉

はじめに 私が起業を決断した日


第1章 起業家になるべき5つの理由

1 サラリーマン思考から卒業できる

2 キャリアアップにつながる

3 金銭的な報酬が大きい

4 人生の自由を得られる

5 社会を変えられる


第2章 起業にまつわる5つの誤解

1 起業するには若くないといけない

2 起業するにはお金持ちでないといけない

3 起業に失敗すると借金地獄になる

4 起業家はエリートしかなれない

5 起業家はチャラくて尊敬されない


第3章 起業型キャリアの5つのタイプ

1 成長志向スタートアップ

2 プロフェッショナル独立

3 スモールミディアムビジネス(SMB)

4 スタートアップ幹部

5 大企業イントレプレナー


第4章 起業を成功させる5つのステップ

1 自己分析──まずは己を知る

2 ミッション、ビジョン、 バリュー

3 事業づくり、プロダクトづくり

4 パートナー探し・チームづくり

5 資本政策・ファイナンス


おわりに 70年サイクルが終わり、企業家の時代が来る

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2021年
10月26日
言語
JA
日本語
ページ数
256
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
5.9
MB

こちらもおすすめ

20代の起業論 20代の起業論
2013年
14歳のときに教えてほしかった 起業家という冒険 14歳のときに教えてほしかった 起業家という冒険
2023年
ユニクロ監査役が書いた 伸びる会社をつくる起業の教科書 ユニクロ監査役が書いた 伸びる会社をつくる起業の教科書
2013年
起業したい君は、まずブラック企業に就職しなさい 起業したい君は、まずブラック企業に就職しなさい
2014年
シリコンバレー流 世界最先端の働き方 シリコンバレー流 世界最先端の働き方
2013年
40歳が社長になる日 40歳が社長になる日
2017年

佐々木紀彦の他のブック

これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講 これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講
2018年
日本3.0 2020年の人生戦略 日本3.0 2020年の人生戦略
2017年
5年後、メディアは稼げるか?―MОNEТIZE ОR DIE ? 5年後、メディアは稼げるか?―MОNEТIZE ОR DIE ?
2013年
異質なモノをかけ合わせ、新たなビジネスを生み出す 編集思考 異質なモノをかけ合わせ、新たなビジネスを生み出す 編集思考
2019年
ポスト平成のキャリア戦略 ポスト平成のキャリア戦略
2017年
米国製エリートは本当にすごいのか? 米国製エリートは本当にすごいのか?
2011年

カスタマーはこんな商品も購入

起業は意志が10割 起業は意志が10割
2021年
起業大全―――スタートアップを科学する9つのフレームワーク 起業大全―――スタートアップを科学する9つのフレームワーク
2020年
心を鍛える 心を鍛える
2022年
超クリエイティブ 「発想」×「実装」で現実を動かす 超クリエイティブ 「発想」×「実装」で現実を動かす
2020年
戦略ごっこ―マーケティング以前の問題 戦略ごっこ―マーケティング以前の問題
2023年
マーケティングを学んだけれど、どう使えばいいかわからない人へ マーケティングを学んだけれど、どう使えばいいかわからない人へ
2023年