• ¥730

発行者による作品情報

かけ出しの小説家松原浩三は、ふとしたことからとてつもない恐ろしい事件に巻き込まれていった。暗い夜の町を散策していた彼は、偶然行き会った若い女の異常な様子に不審を抱き、後を追いかけた。だが、通りがかりの警官と共に、女が消えた路地へ踏み込んだ彼は戦慄した! 軒灯にヤモリが這うクモの巣だらけの無気味な家、そして縁側からまっ赤な猫の足跡が続き、血の海と化した座敷には、無数の切り傷から鮮血をしたたらす全裸の女の死体が……。横溝正史の傑作長編推理小説。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
3月30日
言語
JA
日本語
ページ数
272
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
922.4
KB

横溝正史の他のブック

このシリーズの他のブック