• ¥720

発行者による作品情報

「徳」と怨霊信仰のメカニズムを初めて解明!日本史の常識を覆す全日本人必読の新・日本史!

なぜ聖徳太子には「徳」という称号が贈られたのか?「日本書紀」は天武天皇の正体を隠すために編纂された!奈良の大仏は怨霊鎮魂のためのハイテク装置だった…など日本人の「徳」の思想と怨霊のメカニズムを解明。

目次
第1章 聖徳太子編-「徳」の諡号と怨霊信仰のメカニズム
第2章 天智天皇編-暗殺説を裏付ける朝鮮半島への軍事介入
第3章 天武天皇と持統女帝編-天皇家の血統と『日本書紀』の“作為”
第4章 平城京と奈良の大仏編-聖武天皇の後継者問題と大仏建立
年表
※お使いの端末によっては、図の一部が読みづらい場合がございます。

ジャンル
歴史
発売日
1994
6月1日
言語
JA
日本語
ページ数
427
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
2.5
MB

井沢元彦の他のブック

このシリーズの他のブック