• ¥720

発行者による作品情報

「神国」ニッポンを呪縛し続けてきた「神風」信仰の謎に迫る!日本史の常識を覆す全日本人必読の新・日本史!

「神国」ニッポンは元寇勝利の“奇蹟”により何を失ったのか?! 鎌倉幕府滅亡の背景を掘り起こしながら、責任の所在が曖昧で、危機管理能力が欠落しているという現代日本の病巣の淵源を明らかにする。カミカゼという天祐による勝利信仰が後世の危機管理意識の脆弱さを生んだ、という著者の指摘は昨今の有事論争をまつまでもなく現代日本を生きる者にとって非常に示唆的な警世の書である。

目次
第1章 鎌倉以前の仏教編-日本における仏教伝来の特殊性
第2章 浄土門の聖者たち編-平安後期に流行した「極楽浄土」信仰
第3章 道元と日蓮編-昭和のファシストが心酔した「日蓮サイクル」の虚と実
第4章 元寇と日本人編-危機管理なき防衛意識を決定づけた“勝利体験”
第5章 後醍醐天皇の野望編-「河内の土豪」楠木正成を結び付けた朱子学思想
第6章 後醍醐天皇の新政編-権力と責任を分散させる伝統的システム
年表
※お使いの端末によっては、図の一部が読みづらい場合がございます。

ジャンル
歴史
発売日
2002
6月1日
言語
JA
日本語
ページ数
507
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
2.4
MB

カスタマーレビュー

コブラのファン

釈迦の『迦』の字

釈迦の『迦』の字が何故か黒く表記されている。よ〜く見ると『迦』と表示されているのがわかるが。改善を望む。

井沢元彦の他のブック

このシリーズの他のブック