• ¥400

発行者による作品情報

■■■菅政権、壊れた 閣僚5人がNO!■■■

きっかけは「ワクチン1日百万回接種」。

閣僚から首相への批判が噴き出すようになった。

「できっこないことばかり」(武田総務相)、「自衛隊出すなんて聞いていない」(岸防衛相)。

現職閣僚も小誌に「対策がブレブレで酷い」と嘆く。


■■■朝乃山 裏切りの深夜キャバクラ常習犯■■■

緊急事態宣言の最中、大関・朝乃山が足しげく通う闇営業のキャバクラ店。

5月場所初日を2日後に控えた5月7日夜10時半、彼が待ち合わせしていたのは番記者だった。

張り込みに気づいたバンキシャは小誌の車のドアをこじ開け――。


■■有名病院 医療従事者ワクチンを横取り接種した「2兆円企業」会長■■

一刻も早くワクチンを打とうとパソコンや電話の前で四苦八苦する庶民をよそに、

大富豪は順番をすっ飛ばして優先接種、首長は自分の妻にもちゃっかり接種。

「コロナの沙汰もカネ次第」か「カネさえあれば何でもできる」か。

各地でワクチンを巡る分断が起きている。


■■阿部寛「借金2億」「女優ナンパで仕事ゼロ」の実録“ドラゴン桜”■■

四月二十五日放送の初回から今期の民放ドラマで視聴率トップを快走する「ドラゴン桜」。

落ちこぼれた生徒を東大合格へ導く弁護士を演じる阿部寛は、モデルとしてデビューするも挫折し、ドラマさながらの半生を送ってきた。

父や共演者、スタッフらが秘話を明かす。


■■灘高卒の息子と教育ママに殺された元銀行マン父の孤独■■

難病に苦しむ女性を薬物で“安楽死”させ、嘱託殺人罪で起訴された医師。

実は十年前にも母親と緻密な計画を立てた上で、仲間の医師と共謀し、実の父を殺していたというのだ。

息子がエリート街道を進む中、父はなぜ疎まれていったのか。

総力取材で家族の闇に迫る。


●北川景子スピード産後復帰の裏に1回5万円のアレ

●初ヌードディーン・フジオカそれでも隠すのは…

●巨人桑田コーチが試合当日に“講演会”の怪

●3年連続申告漏れソフトバンク5兆円利益で税金は?

●フジ新人女子アナ竹俣紅が将棋界から「嫌われる理由」

●阿川佐和子のこの人に会いたい 内田也哉子(エッセイスト)


グラビア

●原色美女図鑑 山之内すず 撮影・長野陽一

●空に魔法をかけた男 背景画家・島倉二千六


好評連載

伊集院静/林真理子/草笛光子/杉本昌隆/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/能町みね子/貴志祐介/土屋賢二/秋場大輔/柳家喬太郎/益田ミリ/東海林さだお/平松洋子


※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。

また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2021
May 20
言語
JA
日本語
ページ数
154
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
65.5
MB

伊集院静, 林真理子, 草笛光子, 杉本昌隆, みうらじゅん, 町山智浩, 宮藤官九郎, 能町みね子, 貴志祐介, 土屋賢二, 秋場大輔, 柳家喬太郎, 益田ミリ, 東海林さだお & 平松洋子の他のブック