週刊現代別冊 おとなの週刊現代 2021 vol.7 人生の最後を上手にまとめる方‪法‬

    • ¥1,000
    • ¥1,000

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

第1章
「終わり良ければ
すべて良し」の
晩年を生きる

1-1
きちんと整理して、「晩節」を見事なものに
まとめ方にはコツがある
残り10年間、残り5年間、
残り1年間の正しい過ごし方

何が起こるか、何に備えるか――
氏の準備の前に、大切なこと
完全対策 夫婦のどちらかは
最後は認知症で死ぬのだから

1-2
今ならまだ間に合います
みんな、死ぬ間際に後悔する

第2章
夫婦が元気なうちに
この準備だけは
進めておきたい

2-1
愛する妻、愛する夫のために、いまできること
夫婦で進める
残された妻のための準備
残された夫のための準備

2-2

等しく訪れる「想定外」をどう生きるか
正しい知識と備えで、人生の最後に勝つ
「まさか」のその日のために
いま夫婦でやっておく準備

夫の突然死/95歳まで生きる/認知症/寝たきり/突然の災害/一文無し/交通事故etc.

第3章
躓かないよう
気をつけて!
こんなにある
晩年の「落とし穴」

3-1
「みっともない晩年だった」と言われないために
「老い方」を間違えた人たち

準備がしっかりしていたから、フィナーレも綺麗に
あの有名人が実践していた
「老いの」作法その中身を公開

3-2
死後の手続き/相続/病院/生活/墓
準備をしても、とんでもない落とし穴があった

夫が亡くなった後、妻が亡くなった後
私はここで失敗した

第4章
「最後はひとり」
その覚悟があれば、
フィナーレは美しい

4-1
「断絶する勇気」とともに、
人生のゴールを迎える
60歳すぎたら、
70歳すぎたら、
「人づきあい」を整理する

4-2
過去を愛おしみ、人生の豊饒を味わう
ひとりをたのしむ
――私の場合、あの人の場合

市原悦子/金子兜太/白洲正子/木内幸男/小林桂樹/天本英世/萩本欽一/松原惇子/広岡達朗/むのたけじ/新藤兼人/野末陳平/荻野アンナ/辻真先/吉村作治/中島義道

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2021年
11月29日
言語
JA
日本語
ページ数
112
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
158.1
MB

週刊現代の他のブック

2022年
2019年
2020年
2019年
2020年
2021年