• ¥1,700

発行者による作品情報

資産家の娘・早百合に意中の相手がいるのか。調査を依頼された探偵の木暮と菜々は、最後の候補者と早百合がスクランブル交差点ですれ違うよう仕向ける。だが、その寸前に、なぜか木暮は早百合に電話を入れた……(「意中の交差点」)。借金苦から、休暇を利用して質屋に押し入った刑事の角垣。逃走中に電柱に衝突するも目撃者はなく、無事逃げおおせた。だが、なぜか上司の南谷は、角垣が犯人だと見抜くのだった……(「ある冬のジョーク」)。とっておきのアイデアを注ぎ込み、ストイックに紡がれた贅沢な作品集。

ジャンル
小説/文学
発売日
2018年
6月20日
言語
JA
日本語
ページ数
207
ページ
発行者
祥伝社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
2.1
MB

長岡弘樹の他のブック