発行者による作品情報

「野分」は明治時代に活躍した日本の小説家、評論家、英文学者である夏目漱石の小説。この作品は漱石の思想の核である理想や道の必要性の主張、金力と権力への敵意などから綴られたもの。

ジャンル
小説/文学
発売日
1911
1月1日
言語
JA
日本語
ページ数
181
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
141.7
KB

カスタマーレビュー

お湯の

、なはやからなはなはれやかさわかかかかさ

差はないらのことはないらかはなさやほは はくならかさなさな、ははやわささかはかささ今からやかは、やはやはやなさナはなさやややさかぬかかかやなやなわやさわさやや、 らはか」なはらなわくかかよねさわかか




やらカぬかわ

夏目漱石の他のブック