野‪狐‬

    • 5.0 • 1件の評価

発行者による作品情報

「野狐」はこんな生活を描いた私小説作品である。作中「百丈野狐」の公案から題名が採られている、作者は書く「ただ懸命に人生を生きぬき、修行しさえすれば、よい作家になれると単純に信じている私に、この公案が、(あきらめよ、わが心、けだもの、眠りを眠れ)と話しかけるのである」、そして「私は永遠に野狐であるらしい。」で小説は終わる。悟りに至れぬ(野狐禅の)破滅的な生活の記録である。

ジャンル
小説/文学
発売日
1953年
5月2日
言語
JA
日本語
ページ数
34
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
28.7
KB

田中英光の他のブック

1944年
2015年
1997年
2015年
2017年
1992年

カスタマーはこんな商品も購入

1952年
1904年
1950年
1946年
1943年
1931年