発行者による作品情報

「野菊の墓」は日本の歌人、小説家である伊藤 左千夫の小説。二つも年の多い民子を政夫の嫁にすることはどうしてもいけぬ。十五歳の政夫と十七歳の従姉・民子の無邪気で可憐な恋を引き裂く大人たち。民子は余儀なき結婚をするが…。幽明遥けく隔つとも…。日本を代表する定番の純愛物語。

ジャンル
小説/文学
発売日
1910
1月1日
言語
JA
日本語
ページ数
59
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
44.6
KB

カスタマーレビュー

*・゜゚・*:.。.。.:*・'(*゚▽゚*)'

純愛小説

政夫と民子の切なく淡い恋の物語です。爽やかな晴れた日に読みたくなります。

伊藤左千夫の他のブック