発行者による作品情報

「金の魚」は明治・昭和時代の小説家・児童文学作家である小川未明の児童小説。金持ちの人は病気になっり、占い師は「めったに獲られるものでないが、金色の魚を食べると治ってしまう。」と述べた。その後彼は自分の財務力を持つ黄金の魚を見つける。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015
3月1日
言語
JA
日本語
ページ数
6
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
13.3
KB

小川未明の他のブック