金閣‪寺‬

    • 4.5 • 20件の評価
    • ¥550
    • ¥550

発行者による作品情報

『金閣寺』(きんかくじ)は、三島由紀夫の長編小説。三島の最も成功した代表作というだけでなく、近代日本文学を代表する傑作の一つと見なされ、海外でも評価が高い作品である[1][2]。金閣寺の美に憑りつかれた学僧が、寺を放火するまでの経緯を一人称告白体の形で綴ってゆく物語。戦中戦後の時代を背景に、重度の吃音症の宿命、人生との間に立ちはだかる金閣の美への呪詛と執着のアンビバレントな心理や観念が、硬質で精緻な文体で綴られている。それまで三島に対し懐疑的否定的な評価をしていた旧文壇の主流派や左翼系の作家も高評価をし、名実ともに三島が日本文学の代表的作家の地位を築いた作品である

ジャンル
小説/文学
発売日
2016年
3月13日
言語
JA
日本語
ページ数
347
ページ
発行者
Books Pub
販売元
KONSTANTIN FAMARSKII
サイズ
7.3
MB

三島由紀夫の他のブック

2017年
2021年
2021年
2021年

カスタマーはこんな商品も購入

2014年
2013年
1947年
1968年
2004年
2001年