錢形平次捕物控 七人の花‪嫁‬

    • 3.0 • 1件の評価

発行者による作品情報

『銭形平次捕物控 010 七人の花嫁』は明治から昭和時代にかけて活躍した小説家・作家・音楽評論家、野村胡堂の作品。神田、日本橋近辺の花嫁ばかりが次々と攫(さら)われるという奇怪な事件。捕物の名人・銭形平次も乗り出し、花嫁の見張りをするが、曲者(くせもの)にまんまとしてやられてしまう。誘拐(かどわ)かされた花嫁たちを救うため、許婚(いいなずけ)のお静に囮(おとり)になってもらうという苦渋の決断をする平次。愛する平次のために、曲者に攫われてしまった花嫁・お静の運命と、子分の八五郎(ガラッ八)を叱り飛ばし、追い出してしまった平次の真意は…。「私は親分のお力を信じきって居る。高田お薬園の手入の時だって、お茶の水の空屋に吊された時だって、親分は見事に救って下すったじゃありませんか」。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015年
3月1日
言語
JA
日本語
ページ数
18
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
37.8
KB

野村胡堂の他のブック

2014年
2015年
2015年
2015年
2015年
2015年

カスタマーはこんな商品も購入

1986年
1986年
1986年
1986年
1986年
1986年