錨を上げよ <三> 漂流篇 錨を上げよ <三> 漂流篇
錨を上げよ

錨を上げよ <三> 漂流‪篇‬

    • 2.8 • 4件の評価
    • ¥730
    • ¥730

発行者による作品情報

厳戒態勢の北方領土で、又三の密漁船が暗躍する!
天下の風来坊・作田又三、24歳にしてソ連との国境の町・根室に立つ。

一生に一作しか書けない小説。『錨を上げよ』には私のすべてが詰まっている。
――百田尚樹

●あらすじ
麻雀店員、見習いホスト、右翼団員、パチンコ店員、レコード店員……。
昭和五十年代の東京を漂流するように仕事を転々とする又三は、ある日憑かれたように北海道根室の地に立つ。
北方領土の海に跋扈する密漁船に乗った又三に迫る、ソ連の警備艇。
利権を狙う地元ヤクザとのトラブルも勃発し――。
野生を剥き出しにした又三が北の荒海で暴れ回る!

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
3月5日
言語
JA
日本語
ページ数
422
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1.1
MB

百田尚樹の他のブック

海賊とよばれた男(1) 海賊とよばれた男(1)
2014年
海賊とよばれた男(2) 海賊とよばれた男(2)
2014年
永遠の0 1 永遠の0 1
2010年
永遠の0 2 永遠の0 2
2010年
永遠の0 5 永遠の0 5
2012年
永遠の0 3 永遠の0 3
2011年

カスタマーはこんな商品も購入

破門 破門
2016年
俺たちの箱根駅伝 下 俺たちの箱根駅伝 下
2024年
俺たちの箱根駅伝 上 俺たちの箱根駅伝 上
2024年
悪寒 悪寒
2019年
パレートの誤算 パレートの誤算
2017年
ウツボカズラの甘い息 ウツボカズラの甘い息
2018年

このシリーズの他のブック

錨を上げよ <四> 抜錨篇 錨を上げよ <四> 抜錨篇
2021年
錨を上げよ <一> 出航篇 錨を上げよ <一> 出航篇
2021年
錨を上げよ <二> 座礁篇 錨を上げよ <二> 座礁篇
2021年