• ¥300

発行者による作品情報

孤独が孤独であるためには、孤独同士は交わらないに限る


まるでアフォリズムのように短い断章が並び、

しかしアフォリズムとは違って、

かすかにストーリーと呼べそうな出来事が続いていく第1章。

自らの発想ではなく、しかし仕事としての

オートバイによる長距離輸送を選び取ることがすなわち、彼女にはふさわしい。

1人であること。長距離を走ること。それはすなわち、孤独であることに他ならない。

第2章の主役は男だ。ここではしきりと「結婚」という言葉が口にされる。

そして最後、第3章が来る。さあ、そこで彼女と彼はどうなる?


【目次】

第一部 中島美雪の夏

第二部 後藤祐介の夏

第三部 中島美雪と後藤祐介の、夏の終わり


【著者】

片岡義男

1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/

ジャンル
小説/文学
発売日
2017
4月20日
言語
JA
日本語
ページ数
257
ページ
発行者
株式会社ボイジャー
販売元
Voyager Japan, Inc.
サイズ
2.2
MB

片岡義男の他のブック