• ¥720

発行者による作品情報

とある精神科病棟。重い過去を引きずり、家族や世間から疎まれ遠ざけられながらも、明るく生きようとする患者たち。その日常を破ったのは、ある殺人事件だった……。彼を犯行へと駆り立てたものは何か? その理由を知る者たちは――。現役精神科医の作者が、病院の内部を患者の視点から描く。淡々としつつ優しさに溢れる語り口、感涙を誘う結末が絶賛を浴びた。山本周五郎賞受賞作。

ジャンル
小説/文学
発売日
1997
4月25日
言語
JA
日本語
ページ数
316
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
1
MB

カスタマーレビュー

なあなぁなぁ

閉鎖病棟

精神科で生活し続ける患者たちの目線に立った描写が新鮮でした
とても真っ直ぐで心の綺麗な人達だから・・・・・
この世の中の方がよっぽど荒んで見えました。

帚木蓬生の他のブック